ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ホタル 2012

昨夜、思い立ったら吉日と、筑紫郡那珂川町の小川にホタルを見に行きました。
住まいから車で走ること20分くらい、東脊振トンネルへ向かう途中の渓流にホタルの群生する場所があります。
a0212807_2231417.jpg
ネットで流れるホタル情報で、今がピークと知ったご同輩たちの車が、どっと押し寄せていました。
いつもは閑散とした田舎道も昨夜は渋滞、車のライトが山中の闇を煌々と照らしていました。
それでもライトの途切れた闇夜に、ポッ、ポッと光るホタルを見つけほっとしました。
a0212807_22321013.jpg
田舎の細い山道にズラリ路上駐車の列‥パトカーも駆けつけ、静寂な山麓にスピーカーから車の移動と駐車禁止を警告アナウンスする声が轟き、いつもは聴こえる河鹿カエルの鈴のような鳴き声もかき消されていました。
近い道のりとは言え、こんなはずではなかったのに‥とため息、人だかりのしているホタル観賞ポイントから少し場所を移動、空き地に車を止めて、漆黒の闇の中、足元を探りながら小川沿いに歩きました。
a0212807_2235526.jpgやがて暗闇の中に、ポッ、ポッ、ポッ、ポッとホタルの光が、目に入ってきました。
ポッ、ポッ、ポッ、ポッ‥とホタルのイルミネーションが、次第に増えていき、フワリ、フワリ、スーッ、スーッとホタルの光跡が、美しく感動的でした。
幽玄が私をすっぽり包んでくれました。
足元でポッポッと光るホタルを踏まないように気を付け、指でそっとつまみ手の平にのせてポッ、ポッ、ポッと光るホタルをしばらく眺めていました。
夜空にホタルを放つとスーッっと高く舞い上がり、満天の星空に吸い込まれ、夜空の星と同化していきました。
a0212807_2241333.jpg
一時(いっとき)のことでしたが、日常の暮らしの中で澱のように溜まる人間社会のシガラミを忘れ、ホタルは、私の心にポッ、ポッと明かりを灯し、フワリ、フワリ、スーッ、スーッと宙を漂っていました。
(参考)ホタル(蛍)2011
by blues_rock | 2012-06-12 00:26 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)