ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

子供たちに「The Beatles 1」を聴いてほしい

ビートルズを聴いたことがない平成の子供たちに、ぜひ聴いてほしいのが、この赤いジャケットのベスト・アルバムCD「The Beatles 1」です。
a0212807_21212317.jpg
平成生まれの子供たちにとってビートルズの音楽は、彼らのお祖父ちゃん・お祖母ちゃん‥もしかしたらヒイお祖父ちゃん・ヒイお祖母ちゃんが、聴いていた“オールディーズ”と思います。
昭和生まれの40代・50代の大人世代でも「ビートルズは、ロックバンドですか?」と不思議そうな顔をして私に質問した人たちもいました。
確かにビートルズは、1965年アルバム「ラバー・ソウル」、1966年アルバム「リボルバー」から、より音楽性を高めたアルバム制作を志向、1966年8月のサンフランシスコを最後にコンサートを止め、アビイロード・スタジオにこもり、コンサートでは表現できない多重録音したロックを制作し始めました。
a0212807_21234236.jpg
「ラバー・ソウル」では「ノルウェーの森」・「ミッシェル」・「ガール」・「イン・マイ・ライフ」など、「リボルバー」では「タックスマン」・「エリナー・リグビー」など、どの曲もビートルズが、かってクライ&シャウトしていた頃のロックンロール・ミュージックンではなくなりました。
1965年以降ビッグヒットした「イエスタデイ(1965)」・「愛こそすべて(1967)」・「ハロー、グッバイ(1967)」・「ヘイ、ジュード(1968)」「レット・イット・ビー(1970)」など多くの作品が、現在スタンダードになったバラードの名曲ばかりなので、ビートルズには、その印象が強く、コンサートで世界中を熱狂させた初期のロックンロール・バンド時代を知らない人たちが多いのも頷(うなづ)けます。
a0212807_9125423.jpg
昭和生まれの人でビートルズを聴いたことがない方は、まずいないと思いますが、昭和世代でビートルズのヒット曲をまとめて聴きたい方、ビートルズのロックンロールをもう一度きちんと聴いてみたい方にお薦めのベスト盤CDでもあります。
ジョンとポールが、クライ&シャウトするロックンロール・ナンバーとポールが歌いあげるバラード合わせて全27曲、ビートルズがデビューした1962年から1970年に解散するまでヒット・チャートでナンバー「1」ヒットした名曲ばかりですので青春を懐い出して聴いてください。
ビートルズを聴いた平成の子供たちの感想をぜひ聞いてみたいものです。
by blues_rock | 2012-05-21 00:06 | ビートルズ(Beatles) | Comments(0)