ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

東京の美術館 ‥ 私の懐かしい美術館

東京国立近代美術館(竹橋)へは、よく行きました。
博多で学生のころ、少し油絵を描いていましたので、夏休みにどうしても東京の美術館や画廊で本物の絵が見たくて夜行寝台車で上京、翌朝東京駅に到着するとその足で最初に東京国立近代美術館に向かい美術館に入った時の感激は、今でも忘れません。
とくに中村彝の「エロシェンコ氏の像」(1920)に感動し動けませんでした。
他にもそれまで画集でしか見たことのない絵が、たくさんありましたので感激‥必死で見たことを憶えています。
a0212807_1372026.jpg
当時、新幹線もなく飛行機に乗るなど高根の花、九州に住まう者にとって東京はあまりに遠く、もう来ることはないかもしれないと思うと好きな絵から立ち去り難く、網膜に焼きつけるように見ました。
その後の東京生活で、何度か足を運びましたが、学生のころ見たような感激もなく、自分の見たい絵(あるいは展覧会)のあるときだけに行くようになりました。
独立行政法人になってからは、営業方針のためか‥現代美術のつまらない作品をならべた展覧会が、増えたように思います。
良質な近代絵画を多く収蔵しているのですから、常設でしっかり見せて欲しいものです。
 ◇
ブリヂストン美術館(京橋)は、東京駅八重洲口から歩いてすぐにあります。
最初の東京勤務が、1977年(昭和52年)2月から1982年(昭和57年)1月までの5年間でした。
私の働いていた大手町の職場に近く、土曜日出勤(半どん)の午後、良く行きました。
a0212807_1402529.jpg
当時は、改築前で各展示室入り口のホールに、深々した黒皮のソファが配置されていましたので、好きな作品をゆっくり見た後は、閉館時間までシェスタ(お昼寝)していました。
お気に入りは、藤島武二の「黒扇」・「チョチャラ」、佐伯祐三のパリ風景画、国吉康雄「横たわる女」、モディリアニ「若い農夫」、ルオー「ピエロ」、ピカソ「腕を組んですわるサルタンバンク」‥ロダンやマイヨールなどまるで自分のコレクションであるかのように堪能させてもらいました。
 ◇
サントリー美術館(当時赤坂見附、現在六本木に移転)のコレクション・コンセプトは、「生活の用の美」で古道具美術品類の収集がメインでした。
私のサントリー美術館のイメージは、ガラス工芸美術館でアールヌーヴォーのエミール・ガレとすぐに結びついてしまいます。
きっとこの美術館で見た「エミール・ガレ展」が、極めてすばらしかったからだろうと思います。
a0212807_1464743.jpg
 ◇
山種美術館(当時日本橋兜町)で初めて日本画のすばらしさに出会いました。
それまであまり日本画には興味がありませんでしたので、山種美術館の日本画コレクションを見た時は正直驚きました。
私の日本画についての無知なる偏見と未熟さが、原因でした。
酒井抱一(1761~1828)・村上華岳(1888~1930)、とくに速水御舟(1894~1935)の作品118点の収蔵には驚きました。
他に代表的な日本画家の作品も数多くありますので、日本画が好きな方には、大いに楽しめると思います。
2009年4月広尾の新山種美術館に移転しましたので東京に行く機会があれば、久しぶりに訪ねてみたいと思います。
 ◇
2007年1月六本木にオープンした国立新美術館は、コレクションを持たない巨大な箱物美術館の代表のようなもの‥空っぽな現代日本の象徴のような建物です。
a0212807_1474298.jpg
東京は、まだまだロンドン・パリ・ニューヨークの文化水準には、遠く及びませんね。
2008年に「モディリアニ展」が、開催されましたので見に行きました。
「モディリアニ展」自体は、実にすばらしいものでした。
久しぶりにモディリアニ絵画を体系的に回顧展のように見ることができました。
若いモディリアニが、彫刻を志していた頃のデッサンやエスキース、その後の油絵など見応えあり、新しい発見と感動もありました。
 ◇
板橋区立美術館には、1981年「江戸前期の色絵磁器展~伊万里・柿右衛門・鍋島・古九谷」を見るため一度だけ行きました。
展覧会のすばらしさ以外、この美術館のことは何一つ憶えておりません。
a0212807_1485486.jpg展覧会へは、初代酒井田柿右衛門(1596~1666)の白(濁手と呼ばれる独特の乳白色の地色)をどうしても自分の目で見たくて行ったように記憶しています。
手元にある展覧会図録は、今では大切な宝物となりました。
 ◇
国際版画美術館は、町田市にある版画専門の美術館です。
版画は、日本(奈良時代から現代まで)の他ヨーロッパ・アメリカ・中国など海外の作品も含め2万点を収蔵しています。
何度か行きましたが、地味な美術館ながら版画分野に興味のある方々には、一日いても楽しめる美術館と思いました。
美術館のアトリエで木版・銅板・リトグラフなどの実技指導もしていました。
by blues_rock | 2012-04-30 01:10 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(0)