ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

オーストラリアのハードロックバンド ~ AC/DC

a0212807_1325595.jpgAC/DCは、いまやオーストラリアを代表する国民的ハードロックバンドです。バンドのキャリアは40年近く、1973年にアンガス・ヤングとマルコム・ヤングのヤング兄弟が中心となりシドニーで結成しました。
バンド名のAC/DCは、掃除機に書いてあったAC/DC(電圧用語)からとか、バイセクシャルを意味するAC/DC(性的隠語)だとか言われています。
AC/DCがすばらしいのは、デビューから一貫して変わらないビートの効いた豪快なハードロックをいつも聴かせるので、キャリアとともにファン層も世代を超えて広がりました。
a0212807_21115227.jpgバンドの特徴は、なんといっても弟アンガスのギターで、半ズボンとソックス姿にランドセルを背負いギターをパワフルにタテのりギンギンに弾きながら、ステージを走り回り、寝転んでグルグル回る破天荒なパフォーマンスを行い、兄マルコムは無口で物静かに強靭なギターリフを弾き、この兄弟の奇妙で絶妙なバランス感覚が融合し見事なハードロックを演奏します。
日本では、ロックのセンスがなくても、ルックス優先でパッと出てすぐに消える泡沫バンドが多く(才能とオリジナリティがないから仕方ないが)、AC/DCのように無骨なバンドは敬遠されるのか、あまりAC/DCファンという人に出会いませんでした。
1979年のアルバム「地獄のハイウェイ(Highway To Hell)」で世界的人気を博しました。
翌1980年ヴォーカルのボン・スコットが、突然病死‥彼のえもいわれぬハイトーンヴォイスは、ユニークでAC/DCのもう一つの個性でもありました。
それでもAC/DCは、タテのり一筋‥これまでのアルバム総売り上げは、1億5,000万枚以上とも言われロックミュージシャン仲間から尊敬されるバンドであり続けています。
a0212807_2112399.jpgキース・リチャーズ、ピート・タウンゼント、スティーヴン・タイラー、オジー・オズボーン、リッチー・サンボラ、カート・コバーンなどが、AC/DCファンと公言しています。
2003年の映画「スクール・オブ・ロック」のエンディングに「It's the long way to the top」を出演者たちが、カヴァーして歌っていました。
オーストラリアのメルボルン市は、ハードロックバンド「AC/DC」の長年の活躍と功績に敬意を表して「AC/DCレーン」と命名した通りを設けました。
by blues_rock | 2012-04-25 01:48 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)