ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ジョン・レノン・ミュージアム

2000年10月9日ジョン・レノン60才の誕生日に開館し、2010年10月9日70才の誕生日に閉館した10年間だけのジョン・レノン・ミュージアム(ジョン・レノン個人資料館)が、埼玉県さいたま新都心にありました。
さいたまスーパーアリーナ施設の4階・5階部分に、ジョン・レノンゆかりの品々や彼のビートルズ時代の資料を展示した世界初の公式なジョン・レノン・ミュージアムでした。
a0212807_017523.jpg大成建設のメセナ活動として10年契約の期間限定博物館というのもユニークでした。
ミュージアム4階は、ジョンの子供の頃からビートルズ時代までの品々で、それぞれに説明が添えられ展示されていましたので、ジョン・レノンのファンだけでなく、ビートルズ・ファン、ロック音楽が、好きな人たちにとっても資料館としても楽しめたのではないかと思います。
5階には、1970年ビートルズ解散後、ジョンのソロ活動から狂人に殺されるその日までの懐い出の品や資料が展示されており、見ていると理不尽なジョンの死へ怒りと無念さを改めて感じました。
a0212807_0181576.jpgミュージアムの最後に、白一色の空間があり、ジョンの言葉に溢れ、室内に静かに流れるジョンの歌を聴きながら寛いでいると、いつも心が解れていくのを感じました。
稀代の天才音楽家(ロックミュージシャン)であったジョン・レノン、世界に「愛と平和」だけを願った社会運動家(権力者には、反体制運動家であった)ジョン・レノン、市井では、子煩悩な父親で普通のオジサンでもあったジョン‥わずか40年の生涯でした。
32年の歳月が過ぎてもなお、ジョン・レノンの歌は、今も新しく歌い継がれ「ジョンの魂」は、私たちの心の中に生きています。
by blues_rock | 2012-03-16 00:16 | ビートルズ(Beatles) | Comments(0)