ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

スターダスト・レビュー ‥ ヴォーカリスト根本要

a0212807_1233079.jpgスターダスト・レビュー(通称スタ☆レビ)は、ヴォーカル&ギターの根本要(1957~)を中心に彼が友人と結成したバンドで1981年にデビュー、同時に1stアルバム「STARDUST REVUE」を発表しました。
全国各地でのコンサート公演やライブ活動に熱心で、コンサート会場に足を運んでくれるファンを何より大切にする姿勢は、デビュー以来ブレずに現在まで続いています。
自分たちのライブ・パフォーマンスを楽しんでくれているファンと一緒に、自分たちもライブを楽しもうという気持ちが一貫している息の長いロックバンドです。
ロックのライブに、まだ行ったことがなく、一度ロックコンサートに行ってみたいと思っている人には、スタ☆レビのコンサートを勧めていると言った音楽評論家がいましたが、なるほど‥上手いこと言うものだと思いました。
a0212807_1243815.jpg
彼らのコンサートに3回行きましたが、いつも満員で、彼らの少年時代から続くロックへの熱い思いそのままに、エンターティメント魂とファンへのサービス精神に溢れており、初めてコンサート会場でロックを聴く人たちには、スタ☆レビのライブは、最適だと私も思います。
a0212807_1252614.jpg根本要の伸びのあるハイトーンヴォーカルに併せ、アカペラやコーラスもすばらしく「木蘭の涙」などバラードのラブソングに名曲が、数多くあります。
私個人としては、根本要のロックンロールナンバーが好きで、日本で正統なロックンロールを歌える数少ないロックミュージシャンと思います。
彼は、世界のロック音楽史にも詳しく、テレビのロック大全集番組のMCを務め、番組にギターを持ち込み、ロック名曲のリフやサビを弾いて、どこが個性的で、どこが良いのかをロックミュージシャンとして丁寧に解説、その真摯な姿勢から心底ロックが楽しく好きなのが分かりました。
彼は、コンサートやライブ本番で歌詞を間違えることも多く、それをファンが気づいたり、何度も間違って演奏が中断したりのハプニングは当たり前‥それでも彼のMCトークに、メンバーもファンも大爆笑でライブが盛り上がるといったところに、スタ☆レビのバンドとしての真骨頂があるように思います。
a0212807_1263652.jpg根本要の長い爆笑MCで3曲しか演奏できなかったコンサートもあったとか‥彼はそれを反省し後日のコンサート冒頭に「今日は、あまり話さずに演奏を聴いていただきます。」とMCしたところ、ファンからブーイングにあったそうです。
とにかく、ファンあってのバンドの姿勢は2001年「100曲+1曲ライブ日本全国味めぐりお食事券付」の弁当付きコンサートや2007年「25年に一度の大感謝祭6時間ライブおやつ付き」コンサート‥指定された席からであれば、ステージのライブ撮影・録音自由にしたり、彼らの出身地である埼玉県物産展を同時開催したりと楽しくアイデア満載のユニークなロック音楽活動を続けています。
彼らには、還暦さらに米寿コンサート‥スターダスト・レビュー50周年金魂式ライブを期待したいものです。
(付録)
スタ☆レビの根本要については、「バラッドの名曲‥木蘭の涙」でも書いていますので併せてご覧いただけると幸いです。
by blues_rock | 2012-01-23 01:41 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)