ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ホテル・カリフォルニア

a0212807_2358597.jpgロックが苦手な人もイーグルスの名を知らない方も「ホテル・カリフォルニア」を聴いたことがないという人は、いないでしょう。
「ホテル・カリフォルニア」は、ロック音楽史の傑作で、今やロックの古典的な名曲です。
1971年にイーグルスは、「テイク・イット・イージー」でデビュー、「ウィッチー・ウーマン」・「デスペラード」とカントリーロックの名曲を次々に発表しました。
そして1976年、ウエストコースト・ロックの代名詞とも言うべき傑作アルバム「ホテル・カリフォルニア」をリリースしました。
ドン・ヘンリー(ドラム)のハスキーな歌声に合わせ、ドン・フェルダーとジョー・ウォルシュのツイン・ギターによるリフが、1960年代へのレクイエム(鎮魂歌)であるかのように哀愁をおびて美しい音楽を奏でます。
しかし、歌詞の内容は、短編ホラー小説のように不気味で意味深長です。
「ホテル・カリフォルニア」をアメリカ音楽産業界の象徴として揶揄(やゆ)し、堕落したロック・スピリットへの鎮魂歌として歌っています。
60年代ロックは、反体制でありベトナム反戦を訴え、社会の矛盾に抗議し、社会的弱者に明日への希望と生きる勇気を与えようとロック活動していたはずなのに、70年代になるとロックバンドやレコード会社は、ビジネス(LPセールス=マネー)・女と高級車の話題ばかりになってしまったことをイーグルスは嘆きました。
a0212807_23592736.jpg「ホテル・カリフォルニア」の歌詞の中にある‥コリタス草は、砂漠に育つ植物ですが、マリファナの隠語、さらに1969年からスピリットは、ありませんという箇所がありますが、1969年社会に愛と平和をアピールしたロックフェスティバル「ウッドストック」を最後に、ロックのピュアな精神は終焉してしまったという無念さを込めてスピリット(酒=精神)にダブルミーニングさせています。
チェックアウトも自殺とのダブルミーニングとか‥ロック音楽は、ビジネス優先(投資対象)となり、目標を失くして茫然自失するイーグルスの心情をこの曲で切々と歌い寂寥感に溢れています。
ホテル・カリフォルニアの日本語訳を参考に紹介いたします。
歌詞の内容を理解して、改めて「ホテル・カリフォルニア」を聴くとスピリット(酒)で酔い朦朧(もうろう)とした頭が醒めて、スピリット(精神)がヒンヤリするかもしれません。
ホテル・カリフォルニア
(訳 詞)
夜の砂漠のハイウェイ   涼しい風が、髪を撫でてゆく
コリタス草の甘い香りが、ほのかに漂い   遥か遠くにかすかな光が見えた
私は、頭が重くなり、目の前がかすむ   今夜は、休息が必要のようだ
呼び鈴を鳴らすと、ドアに女が現れた   ここは天国か?それとも地獄なのか?
彼女は、ローソクに灯をともし、私を部屋まで案内した
廊下の向こうのほうで、私に囁きかける声がした
ホテル・カリフォルニアへ、ようこそ
a0212807_00730.jpg
ここは素敵な場所   お客様もいい人たちばかり
あなたのお越しをいつでもお待ちしています   ティファニーの宝石
優雅な高級車のような女性たちに   皆な心を奪われている
中庭では人々が、芳しい汗を流してダンスを踊っていた
思い出のために踊る人   忘れるために踊る人
スピリット(酒)を飲みたいと私がマスターに告げると
1969年からここにスピリット(精神)は置いていませんと、彼は答えた
ホテルは、深い眠りに落ちている
真夜中でさえ、どこからともなく私に囁きかける声が聞こえる
ホテル・カリフォルニアへ、ようこそ
a0212807_07859.jpgここは素敵な場所です
このホテルは楽しいことばかり
アリバイを作ってお楽しみください
鏡を張りめぐらせた天井
グラスには、ピンクシャンペン
ここにいるのは、自分の企みのために囚われの身となってしまった人たちばかり、と彼女は語る
やがて大広間では、祝宴の準備が整った
人々は、鋭いナイフを突き立てるが、誰ひとり自分の内なる獣を殺せない
気がつくと、私は出口を求めて走り回っていた
どこかに元の場所へ戻る通路が、きっとあるはずだ
すると夜警が、私に言った   落ち着きなさい
私たちは、ここに住みつく運命なのだ   ホテルのチェックアウトは自由だが
もうここから立ち去ることは永遠にできない、と
by blues_rock | 2012-01-15 00:52 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)