ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ロックの化身 ‥ ジャニス・ジョプリン

ジャニス・ジョプリン(1943~1970、享年27才)については、去年(2011年)7月28日の「ロックンロール」と8月4日の「クロスロード・クラブ ‥ 享年27才の5人」で書きましたが、今夜は、もう少し詳しく書きたいと思います。
ジャニス・ジョプリンは、1967年のモントレー・ポップ・フェスティバルで、彗星のように現われデビューし、20万人の大聴衆を唸らせ、一夜にしてスーパースターになった夭折の天才ロックシンガーです。
ウッドストック(1969)が、ロック音楽史であまりに有名で伝説となった野外ロック・フェスティバルなので、それより2年前のモントレー・ポップ・フェスティバルについては、あまり知られていません。
モントレーが、世界で最初の野外ロック・フェスティバルと言って良いでしょう。
記録映画もウッドストックに比べ、モントレーの映像は、映画の域にはなく、素人の録画映像と言った印象です。
a0212807_2048093.jpg当時のアメリカは、ベトナム戦争の泥沼に入り、過激化する反戦運動と社会的な厭世ムードに満ち溢れサンフランシスコを中心に、ヒッピー・サイケディリック・ムーブメントが、盛り上がりを見せていました。、
第二次世界大戦後、ブルースとロックンロールが、イギリスで若い世代に流行し育まれ、それがアメリカに還流、1960年代の激動する社会世相と相俟って、フォークソング・ブルース・ロックンロールが、融合し急速に社会的メッセージ性を持ち始めました。
そして誕生したのが、ロックでした。
アメリカ社会が、反戦と公民権運動をとおして変化していく1960年代という時代の熱気やロックへの情熱が、この二つの野外ライブ・コンサート記録(映像・LP)から感じることができます。
ジャニスは、アメリカ南部(テキサス)の生まれで、ゴスペルやブルースを聴いて育ち自らも歌っていました。
無名だった少女が、モントレーに出てブルースロックを歌い、一夜にしてロックのスーパースターになりましたが、ジャニスは音楽ビジネスに馴染めず、コカインやヘロイン中毒と同時にアルコール依存症となり、アルバム「パール」の制作中に、ヘロイン事故により27才の若さで急死しました。
ジャニスは、わずか3年余りのロック活動でしたが、現在でも最高の女性ロックシンガーであったと思います。
彼女が、魂を絞り出すように歌う「サマータイム」は、彼女の壮絶な人生と重なり心に沁み入りました。
by blues_rock | 2012-01-10 01:32 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)