ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

人生シャバーアーサナ

ヨガに「屍(しかばね)のポーズ」という手足を投げ出し‘大の字’になって瞑想するアーサナがあります。
これを「シャバーアーサナ」と言い、私の一番好きなヨガのポーズ(アーサナ)です。
日ごろダラシナイ姿勢で暮らしているせいか、過去に二度ギックリ腰を発症、激痛で身動きとれない数日間の、あの辛さは忘れられません。
身体の硬さは、いつの間にか日常活動をモノグサにします。
精神も自堕落になり感覚も鈍り、やがて自律神経失調症を誘発します。
心身のバランスが壊れると、気が乱れ、心の平安もなくなります。
a0212807_2123550.jpg
2年前のゴールデンウィークに、二度目のキックリ腰を発症、寝起きどころか、寝返りもできないほど腰に激痛が走り、呼吸することさえ苦痛でした。
数週間後、なんとか回復しましたが、今までの生活態度を反省し、友人・知人の中で身体の硬い数人を誘い「カチカチ山ヨガ倶楽部」と称した月2回のヨガ教室を始めました。
立居で屈伸しても、指先が膝の少し下くらいまでしか届かない私を見て、先生は「いろいろな方にヨガを教えましたが、あなたは今までで、一番硬い身体の方です。」と驚かれました。
a0212807_224277.jpg
私の働く通所介護施設にみえる高齢の皆様方のどなたよりも、立居前屈して指先が床から一番遠い私を見て、お客様は一様に「どうして‥?」と驚かれますが、できないものはできないので返答に困ります。
ある日、返事に窮して「一年以内に指先が床に着くよう訓練しお披露目いたします。」と皆様の前でヤケッパチ宣言してしまいました。
それから、ヨガの時間が始まると、目の前で合掌し、呼吸を整えながらヨガの入門クラスのアーサナに入り‥痛い!イテテッ!とドタバタ喜劇さながらのヨガにトライ、それから一年後、指先がチョッと床に着くまでになりました。
a0212807_2251015.jpg何よりも一番の収穫は、ヨガのアーサナを始めて一時間余り、レッスンの終わり10分間に「シャバーアーサナ=屍(しかばね)のポーズ」で、呼吸を整えて‥吸う息、吐く息を感じながら瞑想していると気が宙を舞うようになりました。
睡眠しているのか、覚醒しているのか‥夢うつつとは、こんな状態を言うのだろうなと感じるようになりました。
いまだに身体の硬さはありますが、コガ最後の10分間のアーサナ‥屍(しかばね)となって宇宙を漂い、10分後地球に戻り覚醒した時の爽快感は格別でした。
by blues_rock | 2012-01-04 00:29 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)