ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ラジオデイズ‥真空管~トランジスター~半導体

忌野清志郎の曲「トランジスターラジオ」を聴いていたら、私のラジオデイズ‥ラジオ部品が、真空管(~鉱石)~トランジスター~ITチップへと進化していった時代、ラジオから流れていた当時の音楽を懐かしく思い出しました。
a0212807_0545937.jpg10月12日ブログ「真空管ラジオ・アワー‥ウシュクダラ」の続きとして読んでいただけると幸いです。
子供のころ好きな音楽を聴こうと思ったら、木箱の真空管ラジオのスイッチを入れ、真空管が温まるのをじっと待ち、ピィー‥ガガッー‥のノイズが聞えたら、丸いツマミを回しながらラジオ局の周波数を探し出し、音を合わせて耳を傾ける以外に方法はありませんでした。
NHK第一ラジオの周波数を拾い合わせると‥♪朝はどこから来るかしら、‥とか‥♪緑の丘の赤い屋根‥など敗戦を引きずる暗い世相にあって明るくふるまう歌ばかりが、流れていました。
a0212807_0553342.jpg占領軍局(FEN)に周波数を変えると、ビックバンドのスイング・ジャズが流れ‥♪デーオ、デーオ、イテデーオ‥♪ショーショーショージョジ‥♪ユエン、ナシンバラ、ハウンドッグなどの英語の歌が聴こえてきて、それまで聴いたことのない音楽を聴くトキメキがありました。
いつしか巷のラジオは、つまらない歌謡番組が氾濫し、没個性の歌謡曲や洋楽ポップスのカバー曲(粗末な訳詩とヘタな歌手が歌う)が、いつも流れていました。
当時小学生でしたが、双子の女性デュオ、ザ・ピーナッツが好きで、ハーモニーの良さと歌の上手さは、子供の耳にも分かりました。
すぐに真空管ラジオから鉱石ラジオ‥トランジスター(携帯)ラジオへ進化し、オリジナルの洋楽ポップスや初期ロックンロールが聴けるようになるとザ・ピーナッツの歌もいつの間にか聴かなくなりました。
正しく、故忌野清志郎の名曲「トランジスターラジオ」のような少年時代でした。
歌詞にあるような光景‥彼女と校舎の屋上でデートしたり、タバコを吸ったりはありませんでしたが、確かに必死でリバプールに‥ビートルズやマージービートに、周波数を合わせたことは確かでした。
a0212807_056814.jpgあれから半世紀あまり、ザ・ピーナッツのベスト盤CDを聴いていると遠い昔‥昭和30年代の貧しかった日本の暮らしを懐い出しました。
今、街にはあらゆる物が溢れ、欲しいものはいつでも手に入り、安易に欲望は満たされるのに、なんと人々の表情の暗く険しいことか‥心を閉ざしたエゴだけが氾濫し、そのくせ孤独に怯え、自分の不安・不満・不幸を他人のせいにする幼稚な若者たち、そして彼らの親たちの未熟さ、偏狭さ、自己責任のなさ‥ラジオは、デジタル電波で届き、数多くのAM・FM放送局からワンタッチで選局できるようになり、アナログ(真空管)からデジタル(半導体)へ急速に進化しましたが、それと逆行するように日本人は、繁栄の虚構と精神の貧困という現実に、向き合うことになりました。
人間の心は、いつもアナログ‥お互いの心の周波数を探し波動をキャッチしなければ、相手の心が奏でる音楽は、決して聴こえないでしょう。
by blues_rock | 2011-12-16 20:53 | 人生/愛(Love) | Comments(0)