ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

私の数寄な絵‥眠る裸婦

オーギュスト・ルノワール(1841~1919、享年78才)が、1897年に描いた絵です。
a0212807_1105782.jpg30数年前、ヨーロッパの美術館巡りの旅をしました。
スイスでは、チューリッヒから電車で20分の小さな都市ウィンターツゥールまで足をのばしました。
目的は、オスカー・ラインハルトの個人コレクション(アム・レマーホルツ美術館)を見るためでした。
オスカー・ラインハルト(1885~1965)は、綿の貿易などで財をなし80年の生涯に家庭を持たず、絵のコレクションにすべての情熱を注ぎました。
コレクションは、ビックリ仰天するような絵の質と数(総数7,000点に及ぶとか)で、彼は晩年ウィンターツゥール市郊外のアム・レマーホルツの邸宅ごと自分のコレクションを“門外不出”を条件に美術館として寄贈しました。
これが知る人ぞ知るオスカー・ラインハルト・コレクション=アム・レマーホルツ美術館です。
ルノワールの「眠る裸婦」を見た時、息ができないほど胸が高鳴り、ドキドキしたことを今でも憶えています。
by blues_rock | 2011-11-09 01:20 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(0)