ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ロックギタリスト イングウェイ・マルムスティーン

イングウェイ・マルムスティーン(1963~現在48才)を知ったのは、今から27年前の1984年リリース「ライジング・フォース」(ソロデビュー・アルバム)でした。
確か何気なく覘(のぞ)いた秋葉原のレコード店で、奇妙なアルバム・ジャケットが目に入り手にとって見ました。
当時はブリティッシュ・ヘヴィメタルロックの全盛期で、アイアン・メイデンとかジューダス・プリーストなどが活躍していました。
イングウェイ・マルムスティーンのアルバム・ジャケットに、スェーデンのヘヴィメタルロックギタリストとあったので、好奇心がわき購入し聴いてみました。
a0212807_20341945.jpg
弾くギターが、上手いのなんの‥速いのなんの、驚きました。
ヴァイオリンの楽譜を、ギターで弾いて練習していたと言いますから頷(うなず)けます。
ソロデビュー前は、グラハム・ボネット(レインボー、マイケル・シェンカー・グループのヴォーカリスト)率いるアルカトラスのリード・ギタリストでした。
彼が少年の頃ギターを始めるキッカケとなったのがジミ・ヘンドリックスで、影響を受けたのはリッチー・ブラックモアやウルリッヒ・ロートだったとか‥良く分かります。

Θ YouTube ‥ 練習するイングウェイ・マルムスティーン
http://www.youtube.com/watch?v=6ISosUk4rdI
by blues_rock | 2011-09-04 00:06 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)