ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

山里‘円高ドル安’物語

先日、さる地銀支店の融資担当氏が、私を訪ねて来ました。
お茶を飲みながら歓談していると、融資担当氏がポツリと「こんな片田舎にも今の‘円高ドル安’の影響があります。お客様から‥アメリカから里帰り中の娘さんが、アメリカに戻るので当支店にあるドルを全部買いたいとの注文がありました。アメリカでは、こんなドル安円高が続くはずはないと思われているらしく、昨今の歴史的な円高に迷わず購入希望されたようです。」と笑いながら話していました。
政権を担う民主党内の新首相選出に伴うゴタゴタや財務省と日本銀行の金融政策に対して外国人投機筋が、ドル売り/円買いを仕掛けて、日本経済と金融市場に揺さぶりをかけているように思います。
1971年までの1ドル360円を知る私には、1ドル75円は当時に比べ4.8倍なので相当の円高に感じます。a0212807_12512100.png
円高は、本来国民経済繁栄(国力)の象徴ですが、内需(国内消費)の低迷でデフレ経済が続く日本では、経済のさらなる逆風となり、輸出企業(製造業)を苦しめ、製造企業の海外移転に拍車がかかります。
そして国内の失業者が増加‥消費(内需)の減退‥さらにデフレ経済が深刻化し、負のスパイラルは日本国民を苦しめます。
世界に氾濫するドル紙幣を投げ売って日本円を買う・・ジリジリあがる円の独歩高、ジリジリ売り込まれる日本企業の株(東京証券市場の70%は外国人なので彼らの思うまま)も、ついに8千円台半ばまで下落しました。、
有象無象のサギ証券会社の自称アナリストらを使った売り煽りで、個人投資家に投売りさせ底値で買占め、投機筋(シテ筋)が買い煽り株価高騰したところで売り抜けようとの魂胆見え見えです。
財務省が、数10兆円もの円買い資金を日本銀行から調達し、国内外にバラまきましたがお金は銀行に集められ、赤字国債の購入にあてられ‥国民の実体経済にお金(血)は流れておりません。
日本銀行が、いくら金利を0%にしても、消費者(国民)は日本のデフレ経済=低成長が続くかぎり、フトコロのお金を使おうとはしないでしょう。
今後さらに、物価・株価・地価が下がるのをジッと待ち続けます。
お金は銀行の普通預金か、郵便局の定期貯金あるいはタンスに現金を入れたまま消費しようとは思わないでしょう。
a0212807_1261595.jpg低能な国会議員たちに山里の凡人からのアドバイス・・少しインフレになるくらいの景気刺激経済政策を即時実践することです。
1.スーパーのチラシと一緒です。
今日148円のペットボトルのお茶が、3日後128円になるなら我慢して3日後に買いますが、3日後168円になるかもしれないと思ったら、今日迷わず何本も買うのと同じ心理です。
2.税金(国家予算)の‘バラまき’ はダメです。
衆愚な選挙民を撹乱させるため、利権政治家が思いつくワル知恵です。
お金は経済の血液‥輸血するのに貴重な血液をバラまくアホウな議員たちは、国会から追放いたしましょう。
税金のことを血税と呼ぶのを、鈍感な彼らは知りません。
3.雇用まず雇用・・仕事があり賃金(という現金)が得られれば、消費は必ず拡大されます。
雇用とにかく雇用・・働ける職場があり同僚(仲間)と話す機会が増えれば、犯罪の抑止力にもなります。
失業(無職)・ヒマ・孤独が、犯罪の温床であることは明白です。
a0212807_1211121.jpg4.国会議員・地方議員・公務員を半数に減らし、仕事を民間の雇用対策へ、かつ役所の許認可制度の権益・利権も半分に縮小し「なんでも規制緩和」法を成立させましょう。
規制つまりルールを緩和するとルール違反者が増えると、議員・役人はいつも自己保身の言いわけしますが、「自己責任の原則」を徹底してルール違反した者には、厳しいペナルティを課すような「規制緩和に伴うルール違反罰則強化法」を即刻法制化しましょう。
5.正直者がバカを見るような社会や国に未来はありません。
額に汗してコツコツ働いた人が、高齢者になった時に「和かに・寛いで・安らぎ・穏かな」老後の暮らしができるような地域社会・国にしましょう。
山里での‘円高ドル安’の話が、ワキ道にそれてしまいました。
為替の話に終わりはありませんが、私個人のシロウト意見は・・1ドル=1円(100円をデノミし新1円にする)=1ユーロ=1元あたりが、良いように思います。
その時が来たら、世界の通貨を統一し“アース”(earth=地球)と呼びましょう。
これが本当のグローバル・スタンダード(世界標準)ではないでしょうか。
by blues_rock | 2011-08-29 19:20 | 経済/政治/世界 | Comments(0)