ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

私が政治に求めるマニュフェスト

次の日本の首相を決める民主党代表選挙が賑わっています。
自民党末期の日替わり定食のような首相たちもお粗末でしたが、民主党政権になってからの2人の首相もやはりお粗末さに変わりありませんでした。
政府もまるで町内の食堂が居ぬきで変わり、看板だけが新しい大衆食堂のようでした。
隣りのスーパー(国会)から仕入れた材料(国会議員)で、在り来たりのメニュー(内閣)を並べても、料理(政治)のできない大衆食堂のコック長(首相)では、お客(納税者)に食欲の湧く美味しそうな料理を提供できるはずもありません。
不味い定食を食べさせられ、請求金額(税金)を聞いてビックリ!カネ返せ!ドロボー!とテーブルをひっくり返したくなるのが選挙民です。
私が政治に求めるマニュフェストは、次のとおりです。a0212807_103561.jpg
私は、このマニュフェストにもっとも近い候補者に投票し、家族・友人・知人にも投票を呼びかけるようにしています。
まず、分かりやすく「増税の前にやるべきことがあるだろう。国民・市民に負担を求める前に、まず国会議員・県・市議会議員や官僚・公務員が身を切るべきだ。隗(かい)より始めよ。」と主張し一票一揆の投票を呼びかけたいと思います。
          ◇
◆私が政治に求めるマニュフェスト
1. 国会議員の数(722名)を大幅削減し、給与をカットする
 ・衆議院議員は300人(180減)・参議院議員は100人(142減)、参議院には都道府県知事など地方を代
  表する議席枠を創設する
 ・国会議員給与3割・ボーナス5割カットを即時実施する
 ・議員特権を廃止する
2.国と地方の公務員人件費削減を実現する(公務員の数を削減・給与をカットする)
 ・国家公務員を10万人削減する(道州制導入と地方出先機関の廃止など、現在31万人)
 ・公務員に労働基本権を与え代わりに身分保障をはずし民間並みのリストラを実施、公務員給与を2割カッ
  ト、ボーナスを3割カット、幹部職員は即時実施する
a0212807_0544780.jpg
3.外国人参政権に反対
 ・地域主権型道州制により飛躍的に地方自治体の位置づけが高まるという観点からも外国人参政権の付与
  には反対、参政権を行使するためには国籍を取得すべき
4.死刑制度の存続
5.TPP参加
6.憲法の存続(ただし第9条の1と2を修正する)
 ・(私案ながら)第9条の1と2に「新たに3と4の修正条項を加える」ことで、他国との軍事同盟を解消し国民
  主権の憲法のもと真の独立国家になる。
  「3.国土を侵略し、国民の生命と財産を脅かす国ならびに勢力に対しては、正当な自己防衛のための自
   衛権を行使する。」・「4.自衛権の行使には自衛隊を以ってこれに当たる。」と条文に加え国会の審議と
   2/3の賛成で決定すれば良いことで、他の条項は変える必要がありません。
 ・参考‥核爆弾を投下された日本人永遠の記憶(後編)

by blues_rock | 2011-08-28 21:54 | 経済/政治/世界 | Comments(0)