ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ノラ・ジョーンズ

2003年の早春、兵庫県尼崎市の舎宅で、引越しの荷造りをしながら何となく聴いていたFMから、やさしく語りかけるような女性のジャズヴォーカルが流れてきました。
春の陽射しのような‥暖かく心地いいナチュラルヴォイスに、荷造り準備の手を止め聴き入ってしまいました。
それが、ノラ・ジョーンズ(1979~、32才)の歌との出会いでした。
その歌が「don't know why」だったか、「come away with me」だったか‥もう忘れましたが、やさしく心に沁みる自然な声に感動しました。
a0212807_19251164.jpg
すぐにファーストアルバム「come away with me」を手に入れました。
アルバム収録曲「I've got to see you again」‥顔のシワも素敵に見える‥じっと見つめていたいだけ‥あなたに、また会いたい、と切なく歌うノラ・ジョーンズの音楽をしみじみいいなぁと思います。
ずっと昔に聴いたキャロル・キング(1942~)の「you've got a friend」を歌詞の内容こそ違いますが、懐かしく思い出しました。
ノラ・ジョーンズは、トム・ウェイツ(1949~)をリスペクトしているとか、分かるような気がします。
a0212807_19255716.jpg
ちなみに彼女の父は、有名なシタール奏者のラヴィ・シャンカールです。
ラヴィ・シャンカールは、ビートルズやローリングストーンズにインド音楽を通して大きな影響を与え、ビートルズのジョージ・ハリスン、ローリングストーンズのブライアン・ジョーンズにシタールの演奏(インドの民族楽器)を教えた人です。
by blues_rock | 2011-08-18 19:26 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)