ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

歴史は繰り返す‥いつか来た道

毎年8月になると、なぜか私の感情は、まだ生まれてもいない昭和20年8月の日本にタイムスリップします。
そして昭和20年8月に起きた歴史上の如何ともし難い事実に、無性に腹が立って情けなくて仕方がないのです。
「一億総玉砕」などという愚かなプロバガンダにも虫酸が走ります。
日本は、1945年8月15日に第二次世界大戦(日本流に言えば太平洋戦争)で、アメリカ主力の連合国に全面無条件降伏し無残な敗戦を経験しました。
国土は焼け野原となり、どん底から復興して66年、いま日本は奇跡的に長い平和な時代を享受しています。
私は、この時代に生きていることに感謝します。
a0212807_1225587.png
世界ではまだテロ・紛争・戦争が続いています。
国家の半数が善良な人々であったとしても、国家とは貪欲なもの‥今までは、民族・宗教・資源(石油などの利権)の覇権欲でしたが、これに食料(農業)・水・レアメタル資源を独占しようとする貪欲さが加わり、自国領土(国境)を理不尽に主張するようになりました。
しかしなんだか‥最近の内憂外患に対応する日本政府(民主党政権)の右往左往した政治の狼狽ぶりを眺めていると、中国(尖閣列島)・ロシア(北方領土)その他の国々(朝鮮半島の南北国家)が衰弱した日本を狙い、それに群がろうとするハイエナのようにも映ります。
国内にあっては、国家巨額財政赤字と内需萎縮のデフレ経済で満身創痍の国に喰いつき、生き血(利権)を吸い続ける蛭(ヒル)のような徒党と権益集団・パラサイト(寄生虫)の群れに襲われ、ボロボロに蝕まれていく日本の悲惨な現実があります。
そんな中3月11日東日本大震災が、発生しました。
a0212807_1613355.jpg
後世の歴史家たちが、この平和な66年をきっと「日本の奇跡」と呼ぶに違いない幸福な時代も終わるのではないかと予感されます。
実際その予兆も起きています。
その一つとしてイヤな真実があります‥今日8月14日現在、国民一人ひとりの借金返済ノルマ(債務)は「なんと895万円!」という現実です。
これは赤ん坊からお年寄りまですべての日本国民でワリ勘された借金(債務)の金額です。
国の借金総額は、1,142兆円!!!‥すべて日本国の主権者で納税者たる国民の借金となります。
「まさか?」「ウソだろ!」と思われ、信じられない方のためにサイトを添付しました。
リアルタイム財政赤字カウンターa0212807_1261738.jpg
腰が抜けるくらいの速さで、日本国家の凋落・崩壊は始まっています。
私たち日本人はデフォルト(国家破産)の瀬戸際にあるヨーロッパの国々をPIIGS(ピッグス)などと嘲り笑っていますが、他人事じゃありません。
わが国の場合、借金(国債)の利息(1%として)だけで毎年最低でも10兆円が必要で元本返済も入れると50兆円は必要、ピッグスとはケタが違います。
こうなると国家存続のためにいつもの手段‥世相を暗く騒然とさせ、軍事クーデターで独裁国家を樹立し、民主主義者を非国民と誹(そし)り弾圧、そして欺瞞に満ちたウソ八百のでたらめな侵略戦争で愛国心を煽り、国民経済を破滅させハイパーインフレにして金融デノミで国の借金(赤字国債)をチャラ‥そんな極悪非道を夢見る権力者が、いつ出現するか分かりません。
歴史は、繰り返します。
私たちが気付いた時また「いつか来た道」を歩いていたなんて笑えない喜劇は、もうゴメンです。
by blues_rock | 2011-08-14 11:32 | 社会/歴史/思想 | Comments(0)