ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ロマンス

a0212807_2325579.jpgシャンソンの名曲に「ロマンス」という歌があります。
自分が暮らしてきたパリを恋人のように愛し、旧き街パリへの思いを情感豊かに歌ったシャンソンです。
このシャンソンの入ったLPレコードを2枚持っています。
ジュリエット・グレコと金子由香利のレコードです。
ジュリエット・グレコは、当然フランス語で‥訳詩を見ないと意味は分かりませんが、哀歓をこめて切々と恋人に語るように歌います。
金子由香利は、日本語で人生の哀愁を漂わせて旧き友を懐かしみゆったりと歌います。
ジュリエット・グレコは、若いころ両親と共にレジスタンス活動をしていて、戦後はサンジェルマン・デ・プレに集うサルトルたち実存主義の思想家・詩人・ミュージシャンたちと行動を共にし、サンジェルマン・デ・プレのミューズ(女神)と呼ばれました。
長く黒い髪と黒いセーターに黒いパンタロン‥黒のシルエットに美しい顔と白く長い手、歌う時長い指がまるで言葉(詩)を放つような動きを見せ、歌の表現に力を持たせます。
a0212807_22174635.jpg若い頃マイルス・デイヴィスと結婚していたようで‥マイルス・デイヴィスは、いままで出会った女で彼女以上の美しい女はいないと述懐していたそうです。
二十代後半、金子由香利の歌を聴くまでは、日本人の歌うシャンソンに興味ありませんでした。
その頃の日本のシャンソン歌手は、どこか浮世離れした宝塚のような出し物か、パリ愛好家の表現のウソっぽさ‥裕福なのに貧乏な暮らしを歌うなど、歌にリアリズムがなく言葉(詩)も軽薄でウソっぽいと当時の和製シャンソンをそんな風に思っていました。a0212807_2257086.jpg
銀巴里は今はもうありませんが、当時銀座通りの路地裏ビルの地下にあった銀巴里に良くひとりで金子由香利を聴きに行きました。
東京での懐かしい思い出のひとつです。
by blues_rock | 2011-07-14 22:58 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)