ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

限界集落‥東京

はじめに
2年前の2009年5月20日旧ブログ「さるさる日記」(2011年6月サイト終了)に掲載した記事を転載しました。
a0212807_1712586.jpg
今年3月11日、東日本を襲った大地震・大津波・原発事故という未曽有のトリプル災害が、日本で暮らす人々に自然災害(天災)は「明日はわが身」ということを教えました。
生命を脅(おび)かすリスクは、毎日の暮らしの中に常に存在しています。
いつも非常時を想定し、少しでも危険を感じたら即刻対処し解決する方法を自分なりに考えておく必要はありますが‥「空が落ちたらどうしよう」と杞憂ばかりの生活も人生を棒に振ることになります。
a0212807_1714357.jpg
「限界集落‥東京」(2009年5月20日)
ウィキペディアによると限界集落とは「‥過疎化などで人口の50%が65歳以上の高齢者で冠婚葬祭など社会的共同生活の維持が困難になった集落のことを指す。限界、集落には、もはや就学児童より下の世代が存在せず、独居老人やその予備軍のみが残っている集落が多く、病身者も少なくない。a0212807_1721172.jpg限界集落という呼び方への批判もある。住民の気持ちからすれば、呼び方を変えるべきではないかとの声である。最近の公式文書では「基礎的条件の厳しい集落」・「維持が困難な集落」といった表現が採用されている。自治体でも使用を控える動きや言い換えを行う動きがある。京都府綾部市では、限界集落とほぼ同義で‘水源の里’という語を用いている自治体もある。」と続きます。
この国は、古く飛鳥時代から律令による中央集権国家経営の名残りがあり‥1400年もの間、都(みやこ、現在は東京)にいる特権階級の租税収奪システムとして作り上げられ、この強固な中央集権制度を根底から変革する地域の謀反や反乱はありませんでした。
確かに過疎地(限界集落)で暮らすお年寄りには、公的機関・病院・買い物は遠く、行政の福祉・社会サービスの恩恵を受けることはできません。
その不便さはあるにしても、現在過疎地(限界集落)の暮らしに貧しさはありません。
万が一、天災や有事の危機(核戦争は例外にしても)が発生しても、生活(電気・水道・ガス・食料などのライフライン)に困ることもありません。現在電気が供給されていない地域はありませんが、もし寸断されたら水力・風力・地熱で地域限定の発電はできます。
a0212807_172582.jpg電気が寸断されても、短期であれば櫨(はぜ)の木から作ったロウソクや長期であれば畑で栽培した菜種を搾った油を燃料にランプがあります
水道が無くても、近くの沢から湧き水(ミネラルウォーター)を引けば水に困ることはありません。
プロパンガスが無ければクドを造り、山から薪(まき)を切り出し煮炊きすれば良いだけです。
食料は言わずもがな100%の自給自足も可能で‥自然の中で自生する野菜や田んぼ・畑で収穫される農作物・鶏の卵・小川の魚など餓えることなどありません。
有事となれば、国の食料自給率うんぬん論議より、まず地域住民の食料確保が、重要で優先します。
自分たちの住む域内に自らのライフラインをまかなう自助能力を持たない地域は、非常に危険です。
a0212807_1731876.jpg
               <空襲で焼け野が原となった66年前の東京の中心地>
そういう意味で東京は、究極の生命(いのち)の限界集落と言って良いでしょう。
天災や有事など大事件が突然発生したら、電気・水道・ガス・食料のライフラインは遮断され、多くの人々の生命が危険にさらされ死の淵に追いやられます。
a0212807_1735923.jpg
東京都民は、他地域に自らのライフラインを丸投げし依存するのではなく、原子力(または火力)発電所・ガスタンク群・農耕地(田んぼ・畑)などのインフラを東京都内に整備すべきだと思います。
自然豊かな過疎地域から過密な東京で暮らす人々の安全保障やライフラインなど社会環境保全のリスクを考えると、東京にはもうあまり時間はないように思います。
by blues_rock | 2011-07-01 21:23 | 社会/歴史/思想 | Comments(0)