ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

資本論

カール・マルクス(1818~1883)とフリードリヒ・エンゲルス(1820~1895)の資本論が、経済不況でブームとなり売れているそうです。
私の学生時代のゼミ専攻は、資本論でした。
理由は単純、経済学部に入学したものの油絵にのめり込み、授業時間を惜しんで大学美術部のアトリエで毎日絵ばかり描いていましたので、当然単位不足で卒業も危うくなりました。a0212807_1481837.jpg
卒業のためには、専攻のゼミナールが必須科目で何か選択しなければなりませんでした。
大学行事の展覧会で見た資本論ゼミの教授の絵に惹かれ、その寓話的な油絵が好きでしたので、ゼミ面接で「なぜ君は、自分のゼミを選んだか」と教授から質問された時「先生の描かれる絵が、好きで専攻しました。」と、とっさに答えたら、即ゼミ受講の許可をもらった記憶があります。
さて、二人のドイツ人マルクスとエンゲルスは、資本主義つまり市場原理主義の矛盾を予見し、共産主義を思想化しました。
1848年、無二の親友であった二人は、ロンドンで「共産党宣言(共産主義者同盟要綱文書)」をリリースしました。
当時の日本は、まだ尊皇攘夷に明け暮れる江戸時代末期で、明治維新20年前の出来事でした。
163年以上も前に、現在世界で起きている様々な社会の矛盾・市場の歪み・環境の破壊が、いずれ世界にどのような結果をもたらすのか、マルクスとエンゲルスには分かっていたのでしょう。a0212807_1484172.jpg
ユダヤ人であったマルクスは、ロシア人が大嫌いで信用していなかったそうです。
レーニンもまたユダヤ人で、ロシア人が嫌いだったとか、そのロシアでボルシェビキ革命が起き、世界で最初の共産主義社会が誕生し、そして崩壊したのですから歴史の皮肉を感じます。
マルクスは、ニューヨーク・トリュビューンのヨーロッパ特派員として11年間働き、アメリカ南北戦争では、北軍を支持しリンカーンに勝利のお祝いメッセージを送っています。
アメリカ第35代大統領ジョン・F・ケネディは、ソ連との冷戦で苦悩する中「ニューヨーク・トリュビューンが、マルクスの給料を薄給にしたから、彼の暮らしは貧乏であった、真っ当な給料を支払っていたら、マルクスは革命論(1948年共産党宣言)など書かなかっただろう。」としみじみ語ったそうです。
それくらい、資本論思想家マルクスと資本主義国アメリカとは、因縁があります。
マルクスは、ロンドンでイギリス産業革命の終焉を予見し、フランスでは、パリ・コミューンに深く関わっています。a0212807_149045.jpg
エンゲルスは、ジャーナリスト(軍事分析のスペシャリスト)で共産主義者、併せて有能な経営者でした。
科学的社会主義の研究に取り組む中でエンゲルスは、マルクスに対し現実の経営と社会経済の実情、資本家の実務・実態、ヨーロッパ諸国の軍事分析などアドバイスしていました。
エンゲルスは、親友マルクスの頭脳の偉大さを認め、終生マルクスに生活資金を仕送りし彼と彼の家族を支援しました。
二人の共産主義理念は、東アジアで帝国主義・植民地資本主義からの民族解放・国家独立運動として開花し、活動の思想的のよりどころとなりました。
1911年清朝中国で抑圧された民衆漢人の孫文(1866~1925)をリーダーとする辛亥革命蜂起があり、ベトナムでは、ホー・チ・ミン(1890~1969)指導による資本主義大国アメリカとの戦争勝利がありました。
孫文は、現在二つの中国(中華人民共和国・中華民国)民衆から尊敬されるただ1人の人物で、中国では「孫中山」として慕われています。a0212807_1493089.jpg
彼は、亡命した日本とのつながりが深く、終生孫文を支援した梅屋庄吉(1868~1934)との友情や孫文の名としてあまりに有名な「中山」の由来も、亡命中日本で見た家の表札「中山(なかやま)」の文字が気に入り、自分の号としたことから「中山」は孫文の名前として有名になりました。
時代が、偉人や英雄を育て、彼らが時代のリーダーとなり、社会を変革し歴史を作ってきたのだと思います。

写真は上から、カール・マルクス、フリードリヒ・エンゲルス、孫文、ホー・チ・ミンです。
by blues_rock | 2011-06-25 19:49 | 社会/歴史/思想 | Comments(0)