ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

三本足のノラ猫ミルク

a0212807_2324085.jpg
ミルクというその名のとおり、真っ白な毛並みで両耳の内側と鼻先がピンク色のノラ猫です。
目は、黄金色のキャッツアイでその両目でジッと見つめられると美しさでゾクゾクします。
ミルクは、子猫のときから左後ろ足がない三本足で、ノラ母ネコの後を追いかける数匹の子猫たちのさらに後ろからヒョコヒョコと一生懸命に追いかけていたそうです。
私の働く高齢者介護施設近くには、鬱蒼と茂る竹ヤブがありそこを棲み処にして生活しているようです。
五年前まで周りには雑木林もあり、野生のサル・イノシシ・タヌキ・イタチなどの小動物やノラ犬・ノラ猫なども棲み処にしていました。
a0212807_2244472.jpgノラ猫たちは人間をひどく警戒し近寄ろうとしませんし、人が近づくと「ふーっ!」威嚇する声を発し隠れていました。
四年前の冬の寒い日、凍てつく田んぼをヒョコヒョコ健気に走る三本足の白い子猫を見てかわいそうに思ったネコ好きの施設長が、まるでミルクのように白い子猫にミルクと名付け「ミルクちゃん!おいで!」とエサを与えてからミルクは、少しずつ施設のお客様やスタッフたちの「ミルク!」の呼び声に反応するようになり人間との距離を縮めてきました。
いまでは戸を開けていると警戒しながらも家の中に入りお客様やスタッフの差し出す器の中のエサを食べるまでになりました。
しかし、人が器を持ったままではいまでも決して食べようとしませんし、ミルクに触ろうとすると脱兎のごとく逃げていきます。
私はネコ好きではありませんが、近くに来るミルクを眺めているとつくづく美しい猫だと思います。
いわんや愛猫家の施設長にとって真っ白な毛並みで耳の内側と鼻先がピンク色のミルクは愛らしく自宅に連れて帰り一緒に暮らしたいのも分かる気がします。
今日も施設長は、ミルクに向かい「ミルク!ミルクちゃんお願い!一度でいいから抱っこさせて!」と懇願していましたが、どうやら片想いのようです。
by blues_rock | 2011-06-11 23:02 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)